※お知らせ
動画6話を観たところ、
予想通り転売の自動ツールを売り込んでいました。
動画6


くろかさです。

ネットビジネスの最終目標・最終形態は

収益の自動化=自由 です。

要は、稼ぐ仕組みだけを所有し、

放っておいても収益が発生する仕組みを作るのです。

そうすれば、何も作業をしなくても数十万規模の収益が発生するようになり、

朝から晩までゲームしてようが、一週間旅行にフラッと出かけようが、

完全に自由な生活が手に入るわけです 笑




ただ、そこへ行き着くまでにはさすがに一朝一夕とはいかず、
ある程度の作業は必要になりますし、

そもそも稼げていない状況でそれを考えるのも早計です。

今回は、

「1年以内にビジネスオーナーの地位!」

という謳い文句で、

初心者でも稼ぐ仕組みの自動化が出来る!(と言ってる)

というオファーがあったので、真偽のほどをレビューしてみましょう。


不労所得型ネットオーナー無料講座 THE自由人 吉田昌史


the1.jpg

特定商取引に関する表記

販売業者
株式会社エム・マーケティング

運営統括責任者
代表取締役 原田正文

所在地
〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目21-1芝浦
アイランドグローヴタワー 3301号室

電話番号
03-5439-6285

メールアドレス
support@mmark.net

販売価格:
セミナー参加\5,000⇒\3,000(特別価格)

商品代金以外の必要金額:
振り込み手数料はご負担下さい

商品の引渡し時期:
販売ページに特段記載がない場合、注文日より7営業日以内に発送

支払い方法:
クレジットカード決済、銀行振込、代引き

PV
第一話


チャラい大学生感溢れるLPですね 笑

さて、早速その手法を検証してみましょう。


「丸投げインポーター」の再オファーか



吉田氏は、
「丸投げインポーター」
というオファーを今年1月ごろに打ち出していました。

その手法が


「中国転売」。

物価が安い中国市場での仕入れ・転売です。



仕入れ値が安いこと、
国内転売より商売相手が広がることは確かに魅力なので、
一時期流行したノウハウではあるのですが、
中国製の商品を扱うということで、質が良いものばかりとは言えません。


下手したらクレームやトラブルの元になりますし、
商品が本当に販売できる代物なのかの検品や、
返品の対応というのが必要になってきます。

普通に国内転売をやっていれば、こういうことも少ないため、
品質チェックで余計手間を取るというのが
国内転売と比べた中国転売のデメリットの一つになります。



さらには、仕入先業者などに返品の対応をする場合、
少なからず「中国語」が必要になってくるのも負担になるでしょう。

さらに、海外配送のコストや先の品質管理の困難さも考えて・・・


トータルで考えて、
国内転売より海外転売をやる明確なメリットは特にない



というのが私の意見です 笑

身も蓋もないですが、この意見は曲げません。


また、「丸投げ」というからには、

これまたよくある手法で、

利益が出る商品をツールによって探し出し、
商品を安く仕入れて転売するノウハウ

になります。

もちろん、高額バックエンド商品やセミナーに誘導されたことは
言うまでもありません。




さて、話を今回のオファーに戻ります。

「不労所得型ネットオーナー」の内容は明らかではありませんが、

「丸投げ」

というキーワードが、

過去の「丸投げインポーター」と一致していることなどから、

今回も中国転売系のオファーである可能性が高いです。


outs.jpg


うーん・・・やっぱりこの一致具合からして、

やっぱり使い回しでしょうか・・・


ちなみに、過去の案件の評判はというと・・・

・・・お察しです 笑

さらに、井口晃氏など、
香ばしい面子からの紹介を受けていた案件でした。

怪しい案件に限ってこういう

「ネットビジネス界の大物(笑)」

のイチオシを受けていたりするのですが、
逆に、こういう大物がバックにいる案件ほど危ないです。

だって、その「大物」自体が悪評だらけで危ない人物だから。


海外転売をやる必要は無い



先にも述べたように、

転売をするにあたって、

中国などの海外でやるのが一番稼げるのかというと
実際はそうでもなく、

逆に国内転売では滅多に起こらないような面倒なトラブルが増えたり、
余計な費用もかかってくるため

正直、海外転売をするメリットはさほどありません。/strong>


また、自動化=ツールに丸投げ
ということに関しても、到底信用できるものではないです。

現に、転売系のツールのオファーは過去にいくつもありましたが、
今まで見てきた100%全部がアテにならないものばかりです。

また、多くのケースでは、
販売者が怪しげな転売代行業者と繋がっており、
「面倒な作業は全部代行してるんだから、そのくらいのお金は払ってね!」
というノリで、

その業者への手数料をツール利用料等の形で
支払わされるケースも多いです。


結局、一番おいしい位置=一番利益を得られる位置にいるのは
応募者ではなく、販売者の側だけなのです。

要するに、オファーの応募者は
最終的に「転売をさせられる側」となるだけで、

自由とも独立とも程遠く、
単に販売者の使い走りにされるだけです。

最悪、販売者の都合で「サービスやーめた」

なんてことになれば、一瞬で参加者たちは無収入になります。

これでは、「王」どころか「使われる側=奴隷」です。


残念ながら、今回の案件も経験や知識の浅い初心者を狙い、
珍しい感を演出しているだけで、中身はいつも見てるような陳腐なオファー。

今回も斬り捨て御免です。


所有する側を目指せ!



手法に関しては、到底参加をお勧めできるものではありませんでしたが、

「ビジネスオーナー=王になれ」
という考え方には、同意します。


「人に指示するだけ」
「オーナーになる」



本当に「自由な不労所得者」になるには、
最終的にここを目指したいですよね?



(もちろん、完全に自由とまでは行かなくても、
程々に収入と自分の時間を確保でき、
何より社畜辞められただけで十分
という人も多いと思いますが 笑)


前回紹介したメディアクエストなのですが、

これがまさに理想的な状態でしょう。

参加者じゃないですよ。販売者が、です。


そのオファーでは、

販売者が大企業から紹介広告(アフィリエイト)案件をもらってきて、

それを「絶対稼げる案件を紹介しますよ!」

という甘い餌で釣って下請けとなる被害者たちを集め、

もらった案件を彼らに丸投げすることで、

自分は何もせず、まさしく「丸投げ」で稼ぐ手口を使っていました。
↓  ↓  ↓

mdqe4.jpg


オファーの参加価値はゼロでしたが、

不労所得者となる方法については
「販売者の齋藤氏はなかなか上手い手を考えたものだな~」
と、ちょっと感心してしまいました 笑

まあ、悪評が広まればその栄華も長くは続かないでしょうが。


極端な例でしたが、

「完全自動化」「丸投げ」「外注化」というのは、

ネットビジネスに取り組む上での最終ステージです。


ここに到達すれば、あなたはもはや完全に自由になってしまいます。

暇すぎて時間を持て余すかも知れません 笑


当然、初心者の皆さんには
最初の利益を得ることに全力を尽くしてもらいたいですが、

将来、月20万から50万でも稼げるようになってきたら、
自分の作業を極力減らす方法についてもちょっとずつ考えてみてください^^


特典の受け渡し方法を自動化できないか、
メール返信の手間を最小限に出来ないか、

などなど・・・工夫の余地は沢山あるものです。



手法は色々ありますが、収益の自動化について言うなら、
そこへ持っていくの最も都合の良いビジネスが、

自分でパワーサイトを作って、その所有者として君臨する

「アフィリエイト」
⇒関連記事:初心者のために解説!アフィリエイトの基本

となります。

アフィリエイトは初心者には難しいと思われがちですが、

私は過去にFXに手を出して一瞬で逃げ出したり、
色んなノウハウを見てどれも行動に移せずじまいの私ですら


本格的に取り組んでみたら躓きながらの2ヶ月で、
イキナリ万単位という大きな成果を出せてしまいました。



初心者には転売も悪くないですが、
「最初は無報酬でも我慢できるかな」
という方には、アフィリエイトをお勧めしますね。


それでは、今回のレビューはこれにて終了です。

くろかさでした。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


このブログでは、会社や社会に依存せず
自由な暮らしを手に入れる方法を公開しています。

ネットビジネスに興味あるけど、
何から始めればいいか分からない!

という質問から、

仕事きつい!就活きつい!
という人生の愚痴も是非お聞かせください!

胡散臭い案件の情報も是非提供してください!
すぐ叩き斬りに行きます。
 ↓ ↓

悩み、相談、お気軽にどうぞ^^